太陽光発電の最新情報(2017)下半期

【無料】2015年度のリフォーム産業新聞の調査で依頼件数No.1

2015年度のリフォーム産業新聞の調査で依頼件数No.1。
ソーラーパートナーズが厳選した地元で最も評判の太陽光業者を紹介します。

>>太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】はこちら

太陽光発電の最新情報(ニュース)2017年・下半期

 

ここでは2017年・下半期の太陽光発電の最新情報(ニュース)をお教えします。

 

 

 

【英国は電気自動車にシフト】

 

 

英政府は2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表しました。

 

スウェーデンのボルボは、2019年以降に全車種を電気自動車(EV)やハイブリッド(HV)にすると7月上旬に宣言しています。

 

インド政府は2030年までに販売する車をすべてEVにするとの目標を表明し、日本のトヨタ自動車も2050年にエンジン車をほぼゼロにする目標を掲げています。

 

世界的に脱石油に動きはじめました。電気自動車が主流になれば、家庭で充電するためにより太陽光発電システムが必要になるでしょう。

 

(2017/07/27 日本経済新聞より)

 

 

 

【積水化学工業、パネル一体屋根で発電2倍】

 

積水化学工業のゼロエネ戸建住宅「スマートパワーステーションGR」。

 

京セラと共同開発した太陽光パネル一体型屋根を使用しています。中心部の平らなパネルを4枚のパネルで囲み、従来の製品と比べて2倍の電気量を発電します。

 

別売りの蓄電池を併設すれば、商用電力を使わずに室内の電気すべてをまかなえます。

 

価格は3.3平方メートル・税別74万円台から。7/28から発売。

 

 

 

【太陽光発電事業者の倒産が急増】

 

 

帝国データバンクが10日発表した調査結果によれば、太陽光発電事業で関連企業の倒産が急増しています。2017年1月から6月の倒産件数は、前年同期比2.2倍の50件でした。

 

2012年に導入されたFIT法(固定価格買取制度)ですが、年々価格が引き下げられています。2017年度は、スタート時の約半額近くまで買取価格が下落しました。

 

また今年の4月に改正FIT法も施行。電力会社と契約していない発電事業者の認定が大量に失効するため、倒産ペースが加速しています。

 

(2017/07/11 日本経済新聞より)

 

 

 

【米テスラ、PV japanに出展】

 

横浜市内で開催された太陽光発電の国内最大級・見本市「PV japan」に米テスラが出展しました。

 

家庭用蓄電池の販売時期は未定ながら、販売予定価格は約70万円と国内製品の約1/4。

 

テスラはソーラーパネルメーカーのソーラーシティを買収。

 

・電気自動車(EV)
・太陽光
・蓄電池

 

をEV販売店にて直販(セット売り)が可能なメーカーです。

 

日本の店舗は東京、大阪など6か所のみ。今後も増えて行く見込みです。

 

(2017/07/06 日本経済新聞より)

 

 

 

>>訪問販売で○万円でした。相場と比較して高いでしょうか(よくある質問)

【無料】説明が丁寧で責任感が高く安心。低価格で太陽光発電が買える

お客様の評価が高い優良業者しか紹介しません。
販売・施工・アフターまで一貫して行える施工会社のみ加盟中。

>>地元で最も評判の太陽光見積り【ソーラーパートナーズ】はこちら