太陽光発電で失敗しない5つの鉄則

【無料】約1分で最大5社の一括比較見積もりができます

100万円以上、価格が安くなった事例を掲載中。
100万人の利用実績!無料で全国の優良業者を一括見積り!

>>【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!

太陽光発電システムの設置について

太陽光発電,失敗,太陽光発電システム,失敗談,

 

【太陽光発電システムはいくらで取り付けができる】

 

 

太陽光発電システムは、屋根の形や設置する場所によっても違いがありますが、全国平均としては以下となります。

 

・費用 約174万円
・設置容量 4.7kW
・kW単価 約37万円

 

 

 

【屋根の形で費用は上下する】

 

 

太陽光発電システムは、設置する屋根の形、場所によって手間がかかります。その手間がそのまま工賃として跳ね返ってくるのです。

 

屋根の形によっては、工賃に30万円の差が出ることもあります。

 

一番費用が安いのは、一面南向きの切妻屋根または片流れ屋根で傾斜があり、材質はスレートです。

 

逆に一番費用がかかるのは、複数の面に設置するため手間のかかる寄棟屋根、コンクリートの基礎や支柱が必要な遊休地や陸屋根、はがして元に戻し設置しなければならない瓦です。

 

 

 

【設置場所の確認と調査】

 

 

太陽光発電システムには、屋根置き型と屋根材型があり、一般的には屋根置き型が多く設置されています。

 

まず屋根と建物が、システムの取り付け後の荷重に耐えられる構造であることを確認します。もし不適であれば、屋根や構造の補強が必要になります。

 

屋根の向きと周囲の環境(陰の有無や日照時間)を確認する。原則として設置場所は、南向きで、日当たりが良く、周囲に障害物のない場所を選びます。

 

 

 

【自分の家をまず知ろう】

 

 

自宅の設計図を用意してください。

 

・屋根の方位
・屋根の傾斜角度
・屋根の面積
・屋根の形状

 

を確認します。

 

太陽に面した南向きが理想ですが、東や西向きでも設置が可能です。南向きに設置した場合の発電量を100%とした場合、東西はそれぞれ約85%、北向きは約66%に下がります。

 

屋根の傾斜角は約30度が理想ですが、20〜40度以内なら許容範囲です。傾斜角がそれ以上、または陸屋根のような水平の屋根は発電量が減少するので、架台を設置して傾斜角を調整する必要があります。

 

マンションや電柱、木の陰になる部分がないかチェックしておきましょう。

 

北側に設置すると太陽光パネルに光が反射して、「まぶしい!」といった苦情や裁判になる可能性があります。じっさい、取り付けたシステムを外せという判決もでています。

 

発電量も南向きにとりつけた場合より3割以上落ちます。メーカーによっては取り付けを禁止しているところもあります。

 

自宅の設計図がみつからない、自分の家に取り付けができるのか、手っ取り早くどれくらいの発電量か知りたいのなら、住宅用ソーラー発電シミュレーションを利用しましょう。

 

 

 

【予測発電量を出してもらう】

 

 

見積もりのときに、工事スケジュール表と予測発電量を業者に出してもらいます。

 

何キロワットの太陽光発電システムを設置したら、毎日どのくらいの発電量が期待できるのか。いくらくらいの売電が可能なのか、予測発電量を提出してもらいましょう。

 

専門業者であれば、かなり正確な発電量を予測できます。

 

いいかげんな業者は

 

・根拠のないおおざっぱな数字を出す
・予測発電量をおおく言う
・日射量ではなく日照時間で計算する
・温度やパワーコンディショナなどの各種ロスを計算していない
・自家消費量を少なく見積もる
・売電単価を高く言う

 

などがあるので注意が必要です。

 

>>パワーコンディショナの選び方

【無料】見積もり結果に100%納得できなければ遠慮なくお断りください

顧客満足度98%の安全と安心。
ペナルティ制度があるからシツコイ営業も一切なし!

>>【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!